仏教

また仏教ブーム!! – 古本のウィキペディアを目指す – 学術書・美術書・工芸書買取の「浩仁堂」

 浩仁堂店主は、仏教が大好きです。
高額書籍が多いから?いえいえ、
仏教という宗教そのものに憧れているのです。
高校生の頃など本当に出家して
修行したいと思っていました。

 
30歳ぐらいの頃は、密教に夢中になっていました。
そのこり、 唯識関係の著作で有名になった
岡野守也氏のワークショップに参加したことがあります。
普段から疑問に思っていたことを訊いてみました。
「諸法自我とは他のものに依存せず、
存在するもの(実体)が無いということですが、
そんなものがありえないのは当たり前のことで、
そんな一種哲学上の存在概念を否定することが
我々が生きていく上でそんなに大きな問題
なのでしょうか?」
岡野氏
「 通常我々は、反省されない日常の意識の中で
多くの存在を実体だと考えて生きているし、
特に自分自身の存在を実体だと考えて
いるではないか。そこから、様々な苦しみが生じているのは
確かなことではないだろうか」
そんなやり取りでした。
今でも、どちらも正しい気がして
整理がつきません。そのへんをくっきり・すっきり
説明してくださる方はいらっしゃいませんか。

画像の説明


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です