学術書・美術書・工芸書等の古本・CD・DVD・ブルーレイの高額買取

高額買取の秘密

高額買取の秘密

●「手軽に古本をお金に換えたいけど、ほとんどお金にならなくて」
 「愛着のある本を、思い切って古本屋に売ったのに、本当にわずかなお金にしかならなくて
  がっかりだった」

とお嘆きのあなたに朗報です。
古本屋に売るという方法の中では最もお金になる方法をご案内します。

 それは

 「本の種類によって、売り先を変える」という事です。

 最近は、ネットの古本屋が「ご近所の古本屋よりずっと高く買います」
と盛んに宣伝しています。この宣伝文句自体にはうそはありません。
たとえば、雑多な100冊の本を近所の新古書店に売るのとネットの古本屋
に売るのとを比べると、ネット古本屋の方が数倍高く買ってくれます。
それは新興の新古書店では、本の外見だけで値段をつけているのと、
その外見がどんなに良くても1冊50円にしかならないからです。

これに対して
ネット古本屋はネットの市場価格を元に査定しますから、
新古書店の数倍のお値段で買うことができるのです。
ネット古本屋の中にはタイトルや
ISBNというコードを知らせるとあらかじめ
査定価格を出してくれるところもありますから、
そういうところを利用すればピンポイントで
高い本だけ売ることができます。

「じゃあネット古本屋に売ればいいじゃないか」

 そうですよね。でも、もっと高く売れる方法があります。
実はネット古本屋にしてもすべての本を高く買えるわけでは
ないのです。ネットの市場価格を基に査定するわけですから、
市場価格が1円になりがちな、文庫・マンガ・ベストセラーは
値段をつけることができないのです。

 これに対して、新古書店は文庫が10円20円、マンガは
30円から50円をつけてくれることがあります。
新古書店にとっては文庫やマンガが売れ筋で、回転がいいために
最もほしい種類の本なのです。

 ですから、単行本・趣味の本・専門書はネット古本屋、
文庫・マンガ・雑誌は○○○・O○○などの新古書店へ
売るともっとも高く売れるということになります。

 「なるほどそれがもっとも高く売れる方法なのはわかるけど、
  本を分けたり、2つのところに送ったり、もっていったり
  するのは面倒くさいな。」

 ごもっともだと思います。では、1ヶ所に頼むだけで
ネット古本屋の査定額を出してくれ、その上に新古書店なみの額で
文庫やマンガ・雑誌を買い取ってくれるとしたらどうでしょう。

 ここが肝心なところですが、
 ネット古書店浩仁堂はそれができるのです。
 
 当店には、新古書店の査定に精通したスタッフが
文庫・マンガ・雑誌はもちろん、ネットで1円の単行本でも
10円〜50円のお値段をつけることができます。

 「何だ結局古本を自分のところに売ってくださいっていう
  宣伝か」

 そのとおりです。だってそれが古本を最も簡単に
最も高く売る方法なんですから。

 たとえばこんな感じです。

 すべて状態良好な古本
 100冊  を売るとすると    

 新古書店買取額3,000円

 ネット古本屋 6,000円

 浩仁堂    9,000円

 その上、無料出張買取を利用すれば

自分で持っていく必要もありません。

梱包して発送する必要もありません。

結束する必要もありません。

 本棚に置いたままで
あなたの大切な古本が
納得の額で現金に換わります。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional